【Java】Javaファイルをコマンドラインからコンパイル・実行する方法

Java

はじめに

今回は、作成しJavaのソースファイルを「コマンドプロンプト」からコンパイルして実行まで実施する方法を記載していきたいと思います。

 

JDKの準備

以下の記事を参考に、PCにJDKのインストールを実施します。
【開発環境構築】VS CodeでJavaを使用するための環境構築を実施する – SEもりのLog (selifemorizo.com)

 

ソースファイルの準備

「App.java」ファイルを用意します。ファイルはVSCodeで作成したものでも、テキストエディタで作成したものでも問題ありません。

public class App {
    public static void main(String[] args) throws Exception {
        System.out.println("Hello, World!");
    }
}

 

コマンドプロンプトを起動する

スタートメニューから「コマンドプロンプト」を指定して起動します。

 

コンパイル

ソースファイルの場所に移動する

作成した「App.java」ファイルが存在するフォルダへ移動します。

> cd ファイルのあるフォルダ

 

コンパイルする

「javac」コマンドを使用してコンパイルを実施し、「App.class」ファイルが作成されることを確認します。

> javac App.java

 

実行

「java」コマンドを使用してclassファイルを実行します。
「Hello, World!」が出力されたら成功です。

> java App

 

最後に

以上、ログになります。
これからも継続していきましょう!!

Javaサーバーサイド関連
おすすめIT本
良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門

「ITエンジニア本大賞2023」技術書部門で大賞を受賞した本です。
・コードの可読性
・普段意識したほうが良いこと
・リファクタリング考え方
等、普段のコードを設計する際に意識することが書かれています。
コードのあるべき姿に迷ったら一度読んでみると良い本です。

仕組みと使い方がわかる Docker&Kubernetesのきほんのきほん

Dockerって何?となったときに私が最初に読んだ本です。
Dockerがどんな仕組みで動いているのか、コマンドでは何を命令しているのかを理解できるように、イラストを多用して説明しています。

1冊ですべて身につくJavaScript入門講座

「ITエンジニア本大賞2024」技術書部門で大賞を受賞した本です。
私が次に読もうと思っている本なのでおすすめとして挙げておきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました