【Java】配列について(定義・宣言方法・初期化について )

Java

はじめに

今回は、Javaの配列やリストについて勉強したものを残していきたいと思います。

 

配列とは

配列とは、複数の同じ型のデータをまとめて扱う場合に使用します。配列に格納された値はすべて参照型として扱われ、配列として個々のデータの他にカウント等の情報を持つことができます。

 

宣言方法

型[] 配列名; // 宣言
配列名 = new 型[要素数] // 領域の確保

 

        int hairetsu[];
        hairetsu = new int[3];

        // 宣言と領域確保を一度に実施
        int hairetsu2[] = new int[3];

 

インデックス(添え字)

配列には、各要素に対して0から始まるインデックス(添え字)と呼ばれる番号が付けられています。それぞれの要素に値を初期化・格納する場合、インデックス(添え字)を指定します。

 

        hairetsu2[0] = 10;
        hairetsu2[1] = 20;
        hairetsu2[2] = 30;
        // 領域が確保されていないためエラーとなる[java.lang.ArrayIndexOutOfBoundsException]
        // hairetsu2[3] = 30;

 

宣言と初期化を同時に実施する

配列は宣言と同時に初期化を実施することも可能です。

型[] 配列名 = {データ1, データ2, データ3};

        int[] hairetsu3 = {10, 20, 30};
        String[] hairetsu4 = {"Hello", "World"};

        System.out.println(hairetsu3[0] + hairetsu3[1] + hairetsu3[2]); // 結果 60
        System.out.println(hairetsu4[0] + hairetsu4[1]); // 結果 HelloWorld

 

要素数を取得する

配列の要素数を取得も可能です。

配列名.length;

 

        int[] hairetsu3 = {10, 20, 30};
        String[] hairetsu4 = {"Hello", "World"};

        System.out.println(hairetsu3.length); // 結果 3
        System.out.println(hairetsu4.length); // 結果 2

 

多次元配列

配列は、2次元~多次元の配列も作成することが可能です。

 

        // 宣言
        int hairetsu[][] = new int[3][4];
        // 値の格納
        hairetsu[0][0] = 1;
        hairetsu[0][2] = 2;
        hairetsu[1][0] = 3;

        // 宣言と同時に初期化
        int hairetsu2[][] = {
                { 1, 2, 3 },
                { 10, 20, 30 }
        };
        System.out.println(hairetsu2[0][0]); // 結果 1
        System.out.println(hairetsu2[0][2]); // 結果 3

 

ドキュメント

【公式ドキュメント】
Java SE Specifications (oracle.com)

 

最後に

Javaの環境構築は、この記事を参照してみてください。
【開発環境構築】VS CodeでJavaを使用するための環境構築を実施する – SEもりのLog (selifemorizo.com)

以上、ログになります。
これからも継続していきましょう!!

Java
おすすめIT本
良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門

「ITエンジニア本大賞2023」技術書部門で大賞を受賞した本です。
・コードの可読性
・普段意識したほうが良いこと
・リファクタリング考え方
等、普段のコードを設計する際に意識することが書かれています。
コードのあるべき姿に迷ったら一度読んでみると良い本です。

1冊ですべて身につくJavaScript入門講座

「ITエンジニア本大賞2024」技術書部門で大賞を受賞した本です。
私が次に読もうと思っている本なのでおすすめとして挙げておきたいと思います。

SEもりのLog

コメント

タイトルとURLをコピーしました