【Java】演算子について(演算子の種類、使用方法について)

Java

はじめに

今回は、Javaの演算子について勉強したものをログとして残していきたいと思います。

 

演算子とは

Javaの処理の中で、何かしらの計算をする場合に使用するものを演算子と呼びます。

 

演算子の種類

算術演算子

計算(算術)を実行することができる演算子のことです。

演算子 記述例 詳細
+ x + y  xとyを足し算する(加算)
文字列を結合する
x – y xからyを引き算する(減算)
* x * y xとyを掛け算する(乗算)
/ x / y xとyを割り算する(除算) ※整数の計算では割り切れないものが無視される
% x % y xとyで除算したあまり

 

        System.out.println(10 + 1); // 結果 11
        System.out.println(10 - 2); // 結果 8
        System.out.println(10 * 3); // 結果 30
        System.out.println(10 / 4); // 結果 2
        System.out.println(10.0 / 4); // 結果 2.5
        System.out.println(10 % 4); // 結果 2
        System.out.println("Hello" + 20); // 結果 Hello20

 

単項演算子

インクリメントやデクリメントと呼ばれる、1だけ増減するための演算子のことです。

演算子 記述例 詳細
++ ++x、x++

値に1を加える
変数の直前につける場合:処理の前に加算
変数の直後につける場合:処理の後に加算

–x、x–

値から1を引く
変数の直前につける場合:処理の前に減算
変数の直後につける場合:処理の後に減算

 

        int a = 5;
        int b = 5;
        int c = 5;
        int d = 5;

        System.out.println(++a); // 結果 6
        System.out.println(b++); // 結果 5
        System.out.println(--c); // 結果 4
        System.out.println(d--); // 結果 5

 

代入演算子

計算した結果を代入することができる演算子のことです。

演算子 記述例 詳細
= x = y xをyに代入する
+= x += y xとyを足した結果をxに代入する
xとyを結合した結果をxに代入する(文字列の場合)
-= x -= y xからyを引いた結果をxに代入する
*= x *= y xとyを掛け算した結果をxに代入する
/= x /= y xとyを割り算した結果をxに代入する
%= x %= y xとyを割り算をしたあまりをxに代入する

 

        int a = 10;
        a += 10;
        System.out.println(a); // 結果 20

        int b = 10;
        b -= 5;
        System.out.println(b); // 結果 5

        int c = 10;
        c *= 10;
        System.out.println(c); // 結果 100

        int d = 10;
        d /= 4;
        System.out.println(d); // 結果 2

        int e  = 10;
        e %= 6;
        System.out.println(e); // 結果 4

        String f  = "Hello";
        f += "World";
        System.out.println(f); // 結果 HelloWorld

 

比較演算子(関係演算子)

値を比較し、その結果を真偽値で得ることができる演算子です。

演算子 記述例 詳細
== x == y 比較する値が等しければtrue、異なっていればfalse
!= x != y 比較する値が異なればtrue、等しければfalse
> x > y

xがyより大きい場合true、以下の場合false

< x < y xがyより小さい場合true、以上の場合false
>= x >= y xがy以上の場合true、より小さい場合false
<= x <= y xがy以下の場合true、より大きい場合false

        int a = 10;
        int b = 10;
        int c = 11;
        int d = 9;
        System.out.println(a == b); // 結果 true
        System.out.println(a == c); // 結果 false

        System.out.println(a != b); // 結果 false
        System.out.println(a != c); // 結果 true

        System.out.println(a > b); // 結果 false
        System.out.println(a > c); // 結果 false
        System.out.println(a > d); // 結果 true

        System.out.println(a < b); // 結果 false
        System.out.println(a < c); // 結果 true
        System.out.println(a < d); // 結果 false

        System.out.println(a >= b); // 結果 true
        System.out.println(a >= c); // 結果 false
        System.out.println(a >= d); // 結果 true

        System.out.println(a <= b); // 結果 true
        System.out.println(a <= c); // 結果 true
        System.out.println(a <= d); // 結果 false

 

論理演算子

比較対象同士の真偽値を評価するときに使用する演算子です。

演算子 記述例 詳細
& x & y 比較対象が両方trueの場合true、それ以外の場合false
&&との違いは、falseが確定してもすべての条件を評価すること
&& X && y  比較対象が両方trueの場合true、それ以外の場合false
&との違いは、falseが確定した場合それ以降評価しない
| x | y 比較対象がどれか一つでもtrueの場合true、すべてfalseの場合false
||との違いは、trueが確定してもすべての条件を評価すること
|| X || y  比較対象がどれか一つでもtrueの場合true、すべてfalseの場合false
|との違いは、trueが確定した場合それ以降評価しない
! !x trueの場合false、falseの場合trueとなる

 

        System.out.println(true & true); // 結果 true
        System.out.println(true & false); // 結果 false
        System.out.println(false & true); // 結果 false
        System.out.println(false & false); // 結果 false

        System.out.println(true && true); // 結果 true
        System.out.println(true && false); // 結果 false
        System.out.println(false && true); // 結果 false 右辺は評価されない
        System.out.println(false && false); // 結果 false 右辺は評価されない

        System.out.println(true | true); // 結果 true
        System.out.println(true | false); // 結果 true
        System.out.println(false | true); // 結果 true
        System.out.println(false | false); // 結果 false

        System.out.println(true || true); // 結果 true 右辺は評価されない
        System.out.println(true || false); // 結果 true 右辺は評価されない
        System.out.println(false || true); // 結果 true
        System.out.println(false || false); // 結果 false

 

ドキュメント

【公式ドキュメント】
Java SE Specifications (oracle.com)

 

最後に

Javaの環境構築は、この記事を参照してみてください。
【開発環境構築】VS CodeでJavaを使用するための環境構築を実施する – SEもりのLog (selifemorizo.com)

以上、ログになります。
これからも継続していきましょう!!

Java
おすすめIT本
良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門

「ITエンジニア本大賞2023」技術書部門で大賞を受賞した本です。
・コードの可読性
・普段意識したほうが良いこと
・リファクタリング考え方
等、普段のコードを設計する際に意識することが書かれています。
コードのあるべき姿に迷ったら一度読んでみると良い本です。

1冊ですべて身につくJavaScript入門講座

「ITエンジニア本大賞2024」技術書部門で大賞を受賞した本です。
私が次に読もうと思っている本なのでおすすめとして挙げておきたいと思います。

SEもりのLog

コメント

タイトルとURLをコピーしました